クラインガルテンとは

日本でも人気の市民農園。これを郊外にうつし、菜園のそばに「ラウベ」と呼ばれる休憩小屋を作ってあるのが「滞在型市民農園」=クラインガルテンです。ドイツ語で『小さな庭』を意味します。
そのルーツは第二次世界大戦後のドイツ。当時、敗戦し食糧難に陥り、国策として空いている土地を利用し、自給自足の根本である「農業」を国民に教えるようになった事が始まりだといわれています。

施設紹介ラウベ(施設)の間取り・内装など写真を載せてのご紹介

料金料金は?使用料金・保証金等のご紹介

アクセスクラインガルテン六ノ里までのルート所在地や地図のご紹介

滞在スタイルあなたのライフスタイルにあったクラインガルテンの利用法のご提案

住みたい田舎ランキング1位

お問合せ